playStation4と連携

playStation4と連携する

 

SO-01JをplayStation4と接続し、セカンドスクリーンやリモコンとして利用できます。

 

利用するには「playStation App」とplayStation 4に同じPSNアカウントでサインインします。

 

「playStation App」を設定する

 

@アプリ画面で「playStation」をタップします。

 

A「新しい機能」画面が表示された場合は、「OK」をタップします。

 

B「PSNにサインインする」をタップします。許可に関する画面が表示された場合は、「許可」をタップします。

 

CPSNアカウントのメールアドレスとパスワードを入力して、「サインイン」をタップすると、設定が完了します。

 

 

「playStation App」でできること

 

「playStation App」アプリを使うと、PSN(playStation Network)のさまざまなサービスをSO-01Jから利用できます。

 

また、playStation4に関する公式ニュースをチェックしたり、同じWi-Fiネットワーク内にあるplayStation4を操作したいすることもできます。

 

 

PS4リモートプレイ

 

「playStation App」で「PS4に接続する」をタップしてplayStation 4との接続設定を行ったあと、「PS4リモートプレイ」をタップしてGoogle playから「PS4リモートプレイ」アプリをインストールします。

 

すると、SO-01JにplayStation 4の画面をそのまま表示して、画面をタップやPS4コントローラで操作することができます。

 

ほかの家族がテレビを占拠しているとこなどに利用すると便利です。

 

 

テレビやビデオ機器でSENアカウントを利用する

 

ソニー製のテレビなど、SENアカウントが登録できる機器に機器認証を行うと、ほかの機器で購入した動画などのコンテンツが楽しめます。

 

機器認証を行うには「機器」をタップし、表示された機器から登録したい機器の種類をタップし、表示された機器から登録したい機器の種類をタップします。「○○を登録する」をタップしたら、画面の指示に従って操作を進め、機器の認証を行います。

 

なお、機器自体がコンテンツやサービスに対応していない場合は、機器認証を行っても、購入したコンテンツは利用できません。

 

@「機器」をタップします。

 

A機器認証を行いたい機器をタップします。

 

B「○○を登録する」をタップします。ここでは「テレビを登録する」をタップします。

 

C画面の指示に従って機器の認証を行います。なお、機器の種類によって画面の指示は異なります。


トップページへ戻る