カメラの撮影機能を活用する方法【XPERIA XZ SO-01J】

カメラの撮影機能を活用する

SO-01Jのカメラには、シャッタースピードを変えて撮影する機能や、ピントを手前や奥に自由に変更して撮影する機能があります。活用すれば、写真や動画撮影をもっと楽しむことができます。

 

シャッタースピードを変えて撮影する

 

@「カメラ」アプリを起動し、画面を上方向にフリックして「マニュアル」に切り替えます。

 

Aシーンセレクションが設定されている場合は、OFFにします。三本線をタップし、「SSAUTO」をタップします。

 

B「AUTO」をタップし、緑のボタンアイコンを上下にドラッグすると、シャッタースピードを変えることができます。カメラアイコンをタップすると、写真gは撮影されます。

 

ピントの位置を手前や奥に変えて撮影する

 

@「カメラ」アプリを起動し、画面を上下方向にフリックして「マニュアル」に切り替えます。

 

Aシーンセレクションが設定されている場合は、OFFにします。三本線のアイコンをタップし、「フォーカス AF」をタップします。

 

B「AUTO」をタップし、緑のアイコンを上下にピントの位置を手前や奥に変更することができます。カメラアイコンをタップすると、写真が撮影されます。

 

 

設定を標準状態に戻す

シャッタースピードやピントの位置を変更すると、画面右側の3つの三本線が緑の変わります。標準状態に戻したい場合は、手順3の画面で、「AUTO」を再タップします。

 

 

手のひらを向けるだけで撮影する

 

@「カメラ」アプリを起動し、画面を上方向にフリックして「マニュアル」に切り替えます。

 

Aカメラアイコンをタップしてフロントカメラに切り替えます。歯車の設定アイコン→「その他の設定」の順にタップします。

 

B「自動撮影」→「ハンドシャッター」の順にタップし、↓をタップします。

 

C被写体の手のひらを認識すると、自動で撮影が行われます。

 

 

セルフタイマーで自分撮りをする

 

@「カメラ」アプリを起動して、カメラアイコンをタップして、フロントカメラに切り替えます。

 

A手順1の画面でタイマーアイコンをタップし、セルフタイマーの秒数を設定します。

 

B画面にカウントダウンが表示され、手順2で選んだ秒数が経過したあと、写真が撮影されます。

 

 

タイムシフト連写でベストな瞬間を撮影する

 

@「カメラアプリ」画面を表示します。初回利用時は「追加」をタップし、「タイムシフト連写」をタップしてインストールします。「開」くをタップし、アクセス許可が補油時されたら、「許可」をタップして進みます。

 

A利用規約が表示されたら、チャックをつけて「承諾」をタップします。タイムシフト連写の撮影画面に切り替わったら、カメラアイコンをタップします。カメラアイコンをタップした瞬間とその前後1秒の合計61枚が撮影されます。

 

B連写された候補を上下にドラッグして気に入った写真を選択し、レ点をタップすると写真が保存されます。

 

 

タイムシフト連写で撮影した写真は、「アルバム」アプリで選び直すことができます。「アルバム」アプリで、撮影したタイムシフト連写の写真を開きます。画面をタップし、画面下部のタイマーアイコンをタップすると、再び写真を選び直せます。

 

 

タイムシフトビデオでスローモーションビデオを作成する

 

@「カメラアプリ」画面を表示して、「タイムシフトビデオ」をタップします。アクセスが許可が表示されたら、「許可」をタップして進みます。

 

A赤いアイコンをタップして、撮影を開始します。

 

B赤いアイコンをタップして、撮影を終了します。アクセス許可が表示されたら、「許可」をタップします。

 

C撮影した動画の一部分をスローモーションにすることができます。緑アイコンをドラッグしtえ、スロー再生にする部分を選択し、レ点をタップして保存します。なお、→をタップすれば、その場で編集内容が確認できます。


トップページへ戻る